住宅ローンとキャッシングは関係あり!返済状況による

キャッシングを利用したい人が、住宅ローンを組んでいることもあるでしょう。この住宅ローンというのは、これがあることによって良い働きを生む場合、逆に審査を通りにくくなってしまう場合、とあります。どういうことなのでしょう。

 

住宅ローンをやっているおかげで審査を通りやすくなる場合って?

鍵になるのは、銀行カードローン、です。住宅ローンも銀行カードローンも、どちらも銀行で行っているでしょう。ですからこの二つはおたがいに関係しあうものになるのです。

 

住宅ローンの支払状況がどうなっているのか

住宅ローンというのは金額が大きく、借り主がすでにいっぱいいっぱいになっていることもよくあります。ですから、この住宅ローンをくんだばかりというときはまず通らないでしょう。銀行カードローンも住宅ローンもどちらも払えなくなってしまうような状況が想像できるからです。また、住宅ローンをきちんと払えておらず、遅れている場合はさらに敬遠されます。この先ずっと遅れるであろうことが想像できます。

 

逆に、きちんと支払いができている人は、ああ、この人に貸すとちゃんと返してもらえるぞ、という印象を強く与えるために審査に対して良い印象を与えます。さらに、ほとんど住宅ローンを払い終えているという場合は、かつて数百万、数千万円というお金を計画的に返済する能力を持っている人間だということを示していますから、非常に良い顧客になれるのです。お金は借りないほうが良いのでは、と思う人もいるでしょうが、このように、借りたお金をきちんと返した実績を持っていることで、むしろ次のお金を借りやすくすることにもなるのです。

 

消費者金融の場合はどうか

消費者金融だと、住宅ローンと関係がないので単に借金をしている人に見られてしまうのでは、と思うかもしれませんが、住宅ローンの支払状況というのは消費者金融でもチェックすることができるので、きちんと払っている場合は、これも良い印象を与えます。

 

住宅ローンで払った分に関しては、仕事や収入が変わっていなければまた同じくらい払えると考えられますから、限度額をかなり高く設定することもできると考えられます。

 

重要になるのは現在、月にいくら払っているか

信用が得られるとはいっても、現状が大切です。現状、住宅ローンで500万円は返済したとしても、今後まだ1500万円あり、さらに月々の返済額がこれ以上は難しそうだと思わせるほどの額があればやはり審査は通らないでしょう。

 

毎月の状況が大切

住宅ローンでもなんでも、月にまとまった出費がある人は危険だからです。

 

消費者金融では、住宅ローンは借入額の別枠になる

消費者金融でお金を借りるとき、現在、いくらくらい借りているかというのが問題になります。他から借りている人は返しにくくなるからです。しかし、住宅ローンは消費者金融での借り入れ、銀行カードローンでの借り入れとは別のものとして考えられます。住宅ローンは金額的に、突発的に借りるのは不可能で、ですから即日融資などといったものとは別に考えてくれるのです。

 

そもそも、住宅ローンを除外しないと無理

信用度という意味もありますが、総量規制、というルールにも関係します。消費者金融は、年収の3分の1以内でしかお金を借りられない、という決まりがあるからです。しかし住宅ローンは年収を超えていて当たり前です。これを含めてしまったら、なにも借りられないのです。

 

同様に、自動車ローンなども同じように金額が大きくなりやすく、そのために除外してもらえることが多いです。これもまた突発的に借りるのは難しく、信用度が高い借り入れということもあります。ただ、こういったものを除外してもらえるとはいっても、お金を借りていることは間違いありません。

 

住宅ローンがある人がお金を借りることは、状況次第で可能にはなってきますが、返済に関しては家計が苦しくなってくることは確実です。お金を借りなくてもすむかどうか、お金を借りたとしてもできるだけ必要ないとわかった分に関してはすぐに返して少しでも利息分を減らすなど、できるかぎりは返済総額を減らせるようにしていくことが、借りた側にとって大切なことです。

スマホからOK!人気のキャッシング比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日