審査に落ちないためにすべきこととは?

せっかくキャッシング申し込みをしても審査に落ちてしまうのは、とっても残念なことです。もしかすると、ちょっとの差で審査に落ちてしまっているかもしれません。その、ちょっとの差を埋めるための方法をご案内します。

 

借入件数を減らすこと

借り入れ総額が1箇所で100万円ある方と、3ヶ所以上での借り入れ総額が100万円の方では、借り入れ件数が多い方の方が審査では不利となります。そのため、1件でも借り入れ件数を減らしてから申し込むことで審査に通りやすくすることが重要となります。

 

真面目な返済履歴を積み上げる

真面目に返済していることが分かれば、返済能力があり、真面目で責任感があると判断してもらえる率が高くなります。実際に、初めて借り入れをする方で、クレジットカードの利用がある方と、クレジットカードの利用のない方では、クレジットカードの利用がある方の方が審査のうえでとても有利になるんです。

 

お金に対して真摯な態度を示す

やはり、お金に対して少しでもルーズな態度が見え隠れすれば、貸したくないという心理が働くのは当然です。審査をしてみたら、他社キャッシング会社での滞納履歴が見つかったり、複数社での借り入れが判明したら、「返済能力が低い」「だらしない」「責任感がない」といった風に判断されてしまうでしょう。

 

借りる前に自力で現金を用意できるか試す

借金を返済するために借金を増やしていくようなことには陥りたくなですよね。借金をする前に、不要なものを現金に換えてみる努力をしてみましょう。ブランド物の時計や貴金属、カメラ、スマホ、衣類など生活を振り返るためにも現金に換えることができるものを売ってみましょう。

 

買い取り業者は、段ボールなどを用意しなくても業者から梱包キットを無料で送ってくれますし、送料も無料で査定してくれますし、査定額が気に入らなかった場合は、無料でキャンセルすることもできますよ。

 

審査に通るために限度額を低くしておく

年収の3分の1まで借り入れるからといっていきなり100万円かりようとすると、審査に時間がかかります。また、収入証明書の提出が必要となり、源泉徴収票や給与明細を用意する必要がでてきます。万が一、収入証明書をすぐに用意することができなかったら再発行の手続きを取る必要があります。

 

そうなると、即日融資はできなくなります。借り入れ額は、少額にして審査に通った後から、限度額の引き上げを申請した方がよいですよ。限度額の引き上げを申請する際は、返済遅延や滞納がゼロの期間を半年から1年作る必要があります。

 

借入金額は少額にしておく

借入希望金額と書いてあるのを見ると、あくまでも希望なんだから好きな金額を記入していいのかなと、勘違いしてしまいます。たしかにその通りなんですが、審査に影響を及ぼさないようにするためには、記入金額は少額にしておくことがコツです。

 

分不相応な高額を希望額として記入すると、心証が悪くなったりするケースや最悪の場合、審査に落ちる原因になるといったこともあります。

 

心理テストだと思った方がいいかも

キャッシング会社側は、総量規制に基づいた希望借入金額を聞いているだけであっても、総量規制などについて知識のない申し込み者が希望金額を記入する欄をみたら、好きな額を取り敢えず記入しておこうという気分になるでしょう。

 

その際、大きな金額を記入する方は、お金にルーズという統計が出ているそうです。そういった申し込み者の傾向を知り尽くしたキャッシング業者にとては、希望金額を記入する欄は、ちょっとした心理テストのようなものなのかもしれません。心理テストにひっかからないためにも、借り入れ希望金額は、控えめにして申し込むのがコツだということを覚えておきましょう。

スマホからOK!人気のキャッシング比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日