自営業者のキャッシングの審査ポイントとは?

自営業者の人でもキャッシングを利用することができます。申し込みの際に勤務先には、自分の会社名や屋号を記入してください。

 

税務署に開業届を提出していない場合、自宅と記入することになります。

 

開業届を提出していない場合、審査で不利になります

自営業でも開業届を提出していない場合、キャッシングの審査では不利になります。これは社会的な信用がないと判断されてしまうためです。

 

ですが現実にはそのような自営業の人、及びフリーランスの人も多くいます。このような場合、開業届を出すだけで今まで通らなかった審査に通るようになることが多くあります。キャッシングの審査ではこの勤務先の記載がきちんとあるかどうかが大切になるということです。

 

開業届は簡単に提出することができます

この開業届とは、管轄の税務署で提出用の用紙をもらうことができます、また国税庁のホームページからでも用紙の形式ファイルをダウンロードすることができます。その用紙に必要内容を記入し、提出するだけでそこに記載した屋号を正式に名乗ることができます。

 

その内容とは、職業、屋号、そして事業の概要です。この3つを記入して提出するだけです。例えば自宅でネットショップを経営しているような場合、職業は「ネットビジネス」で構いません。そして屋号は自分で決めたショップ名になります。そして事業の概要は、「ネットショップの経営」になります。

 

これを提出すると、そのショップ名=屋号を勤務先の名称として記入することができるようになります。また屋号が付いたことで税金の青色申告が可能になるので、自営業の節税対策としても大変有効だといえます。

 

開業届を出していない場合

このように、きちんとした屋号を持つ個人事業主になるのは簡単なことです。正直なところ、屋号やあってもなくてもやって商売が同じであれば、収入や開業してからの期間などのキャッシングの審査で重要になる要素は全く変わりませんが、それでもこの屋号があるかどうかが審査では重要視されます。

 

それは屋号がないのに自営業と名乗るのは、正式にはおかしいからです。自営業であれば自宅で開業している場合でも、個人で八百屋や理髪店などを経営している場合などと同じく、必ず店名があるはずです。屋号とは、自分のお店の名前です。これを付けずに商売を行っているということは、本来ありえないのです。

 

特に商売としてお店を出していないようなフリーランスの人でも、屋号を付けることは可能です。フリープログラマーなどを行っている場合なら、○○プログラミングサービスなどといった名称で構いません。この屋号を付けることでキャッシングの審査で有利になるだけでなく、きちんとした自営業者としての社会的な信用を得ることができます。また開業届を出していない自営業やフリーランスの人は、このキャッシングの利用の機会に是非提出してください。

 

自営業者の審査が通りやすくなる条件とは?

これはまず第一に、その職業の営業期間が長いということです。これは会社員やフリーターの場合のその職場への勤務期間に相当します。

 

キャッシングの審査では収入も大切ですが、その前に今就いている職業が安定しているかどうかがポイントになります。まだ開業してから1年にもならないような場合より、もう5年も自営業として営業しているという方が当然ですが、安定していると判断できます。

 

収入証明書が必ず必要です

自営業者の場合、希望金額が少額の場合でも、収入証明書の提出が必要になります。これは会社員やフリーターなど勤務先がある場合は基本的に50万円の借り入れには必要になりませんが、自営業者の場合はそれ以下の場合でも必ず提出を求められます。

 

この収入証明書には、提出の際に印を受けた確定申告書の写しや納税証明書、また課税・非課税証明書などが利用できます。基本的に昨年の年収が記載された公的な書類であれば大丈夫です。キャッシングを行える金額は年収の1/3までという、総量規制という決まりがあるため、その年収額の1/3までの借り入れが可能になります。

 

ですが開業をしたからまだ営業期間が短い場合、そこまでの借り入れを行うのは難しいことがあります。その場合は希望額が少額なほど、審査で落とされることは少なくなります。例えば昨年の年収が500万円あるのに対して30万円の希望であれば、まず通ると思って構いません。

 

もちろん現在の他社からの借り入れや過去の借り入れ状況などの信用情報に問題がないという条件になりますが、その年収でその希望額であれば、自営業の人でもまず落とされることはありません。

 

事業の安定性も大事な要素です

自営業のジャンルによって、信用度が変わることがあります。これは例えば自動車の修理を個人で開業して行っているような場合と、最近流行りのネットビジネスをしているような場合では、同一の収入、営業期間だった場合、前者の方が審査を通る可能性が高いといえます。

 

どうしても新規に流行り始めたような商売は、信用に欠けると判断されてしまう傾向があります。キャッシングの審査では職業の安定性がそれだけ重要だということです。堅い職業に就いているほどきちんとした定期的な収入が期待できるので、返済に問題と判断できるからです。

 

そういった点では自営業の人は会社員などの決まった職場に勤務している人と比べた場合、安定していないと思われてしまうのは仕方のない部分ですが、毎年安定した収入があり、商売を行っている期間も長い場合はそれほど問題になることはありません。

スマホからOK!人気のキャッシング比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日