融資までの時間もコストを発生させる

キャッシングをする際に気になるのが金利の存在です。その点、銀行カードローンは金利が低いのが魅力的となります。しかし銀行カードローンを利用するには厳しい審査を通過する必要があります。

 

銀行カードローンの審査通過率は20%~30%程度となっており、半分以上の人は審査で落とされてしまうのです。そこで3万円程度の少額の借入であれば、消費者金融を利用することが推奨されます。消費者金融の審査は柔軟なので、簡単に融資を受けられるのです。

 

消費者金融の審査は柔軟

モビットやプロミスなど大手の消費者金融では、銀行カードローンに比べ審査は柔軟です。特に数万円程度の少額融資を利用する際には、簡単に審査を通過できます。

 

利用者の借入金を年収の1/3に限定する総量規制に抵触する場合や、過去に返済トラブルを起こし信用情報が傷ついている場合を除いて、多くの人にとって消費者金融の審査は敷居の低いものとなっているのです。

 

在籍確認がなくても融資が受けられる場合も

消費者金融に融資の申し込みを行うと、審査手続きが開始されます。審査では在籍確認という手続きが行なわれます。在籍確認は申込者が申請書に記入した勤務先に本当に勤務しているかを確認するための手続きで、通常は金融機関が匿名の電話を勤務先にかけることで行なわれます。

 

多くの金融機関でこの在籍確認は実施される審査手続きとなっています。しかし、消費者金融ではこの在籍確認が省かれる場合があるのです。たとえばアコムでは、在籍確認ができなくても限度額10万円までの融資であれば実行してくれるのです。10万円という金額であれば、たとえ貸し倒れたとしてもその損失は僅少であるため、貸し倒れのリスクを消費者金融が負担する形で融資に応じてくれるのです。

 

銀行カードローンであれば、在籍確認が取れない場合に融資に応じることはありません。しかし消費者金融であれば、在籍確認が取れなくても融資に応じてくれることもあり、その分審査に通りやすくなっているのです。

 

学生やアルバイトでもキャッシングが可能

一般に抱かれているイメージとは異なり、学生やアルバイトも消費者金融であればキャッシングが利用可能です。20歳以上の学生で、継続的なアルバイトを行って定期収入があることが条件とはなりますが、学生やアルバイトであるということを理由に審査で落とされることはないのです。

 

総量規制の関係で、融資限度額は年収の1/3までに限定されてしまいます。しかしアルバイトをしている学生でも、年収が30万円あれば10万円までの融資を受けられるということになります。

 

少額の借入であれば、消費者金融と銀行カードローンの利息は変わらない

消費者金融と銀行カードローンを比べた場合、銀行カードローンには金利が安いというメリットがあります。しかし借入金が10万円以下である場合、金利が低いというメリットはあまり大きくなりません。

 

借入金が少ない分、金利差が表面化するほど支払利息額に変化がないのです。消費者金融と銀行カードローンで支払利息額に大きな違いが生じるのは、30万円を超える借入からです。10万円を借り入れた場合、月々の支払利息の差は300円程度となっています。30万円借り入れてはじめて、月額にして900円の差が出る金利差となります。

 

3万円から10万円程度の少額を借り入れる場合、金利差を気にする必要はありません。それよりも審査の柔軟性や融資スピードというサービス面に着目する必要があるのです。

 

30日間無利息

アコムやプロミスなど大手の消費者金融では30日間無利息サービスを実施しています。これは申込者の初回利用に限り、実質的に利用の最初の月の利息をタダとするものです。この30日間無利息サービスを利用すれば、30日以内に完済すれば、利息を支払う必要がなくなります。

 

この30日間無利息サービスを考慮すれば、短期間の借入であるなら消費者金融の利息は銀行カードローンよりも低く抑えられることになります。おおよそ4ヶ月以内の借入であれば、実質的な利子負担は銀行カードローンよりも消費者金融の方が軽くなるのです。

 

そこで初めてキャッシングを利用する場合で短期間で確実に返済できるのであれば、実質的な利子負担が軽く、サービス面でも優れている消費者金融を選ぶのがベストな選択となるのです。

 

融資を受けるまでの時間もコストである

初めてキャッシングをする場合、どの金融機関から借入するか迷うものです。しかしその迷う時間も経済的なコストを伴っています。1時間迷ったとしてそれを時給1000円換算で計算すると、1000円分のコストを発生させます。

 

この1000円は「30万円借りた場合の消費者金融と銀行カードローンの金利差」を超えているのです。時間はコストを伴うものです。キャッシング会社の選択に迷ったり審査が長引いてしまうと、無駄な時間が発生してしまいます。

 

さらに審査で落とされてしまっては、申し込み手続きや審査の時間が丸ごと無駄なものとなってしまいます。

 

消費者金融なら時間が無駄にならない

キャッシングに申し込むのであれば、時間を無駄にすべきではありません。消費者金融の審査通過率は、銀行カードローンのほぼ2倍の水準です。消費者金融であれば審査で落とされることも少ないため、申し込み手続きの時間を無駄にすることもありません。

 

さらに消費者金融では即日融資の体制も整備されているため、迅速に借入金を入手できます。キャッシングの申し込みから融資を受けるまで、スピーディーな手続きが可能となる消費者金融であれば、時間を無駄にすることがありません。無駄な時間が省ける分、消費者金融を選択することが合理的で経済的な判断となるのです。

スマホからOK!人気のキャッシング比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日