収入証明書について

金融業者から借金を行う時には、カードローン審査にクリアする必要があり、その過程で様々な必要書類を要求される事になります。

 

そこで必須になる資料としては運転免許証等の個人証明書が必要になり、さらに条件次第で収入証明書の提出も必要になるものです。

 

収入を示す資料であり、前年の1月1日から12月31日の間にどれだけ収入があったか示す書類となり、どういった書類が収入証明書として有効で、どのような時に提出するのか知っておくと良いです。

 

源泉徴収票、確定申告書、住民税の証明書等が収入証明書として有効な資料であり、それぞれの特徴を下記に示すと

 

源泉徴収票

勤務先から渡される資料であり、年収が解るようになっています。

 

確定申告書(確定申告書の控え)

自営等の個人が必ず行う確定申告書類であり、これも年収が解るものです。

 

住民税の証明書

課税証明書、非課税証明書、納税証明書等の提示によって収入証明書として対応してもらえます。

 

いずれかを準備して審査時に提出する事で、カードローン審査を進めていく事が可能になるものです。

 

収入証明書が必要になる場合や取得方法とは

一般的にカードローン審査において、1社から50万円、複数社の借り入れ総額100万円を超える金額を希望する場合は、収入証明書が必要になります。

 

小口キャッシング等では収入証明書無しで借入も可能であり、自営業等の場合は借入が少なくても収入証明書が必要になり、大きな目的ローンを組む際にも必須の書類になり、収入証明書にあたる書類が必要と解っても、これらをどこから手に入れれば良いか知っておく事は有効です。

 

源泉徴収票

源泉徴収票の場合は勤務先の人事や書類管理している事務、もしくは組合に連絡という形になります。

 

確定申告書(確定申告書の控え)

申請の必要はなく、主に個人が作成管理して市町村に提出している為に、手元に控えがある可能性が高いです。

 

住民税の証明書

住んでいる市町村役場に申請し発行してもらう形であり、発行時の手数料は市町村によって違っています。

 

カードローン審査で使う収入証明書は源泉徴収票や確定申告のいずれかを提示するパターンが多いですが、両者の資料を持っていない場合や紛失時、または会社に申請を行いたくない時には役場で証明書発行が有効です。業者によってどのような資料が有効になるか確認しておく事が望ましいです。

 

まとめ

全てのカードローン審査において収入証明書が必要になるわけではないですが、必要な時には書類準備や申請を行って、円滑に審査を進めていけるようにする必要があります。特に即日融資を求める時には書類準備を行っておかないと対応してもらう時間も無くなりますから、役場で申請が必要な場合は早急に申請して準備が必要です。

スマホからOK!人気のキャッシング比較

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日